採用コラム

社員インタビュー:不動産ソリューション営業事業―(役職:副主任 /氏名:田野様)

<「“独自のネットワーク”を切り開くこと」こそが継続活躍の鍵である>
不動産ソリューション事業の立ち上げを経験している、20代前半の田野副主任を今回はインタビューしました!
当然行動力もさることながら、「独自のネットワーク」の開拓にこだわり他とは異なる手法で継続活躍をされている秘訣など教えていただきました!

不動産業界で働こうと決めた”キッカケ”やこれまでの経歴を教えてください!

これまで経験した仕事は、全て不動産業界となります。
営業のみではなく、施工なども経験をしましたね。
仕事を選ぶときに「衣食住」が生きていく中では重要であると考え、その中で最も興味があった領域が「住」でしたので不動産に精通する仕事を行ってきました。
もともと、「キャリア」の中期構想が漠然ですがあり、そこに到達できるよう今は不動産投資の営業としてキャリアを積んでおります。

キャリアの構想とクリーンアップ・インターナショナルのつながりを教えてください!

中期構想として、誰よりも早く「上級役職者」となることで営業マネジメントに領域を超え、
経営や数値管理を身につけていたいという思いがあります。
その先は自分で経営を行うのかどうかまでは決めていないのですが・・・。
あくまでも先ほどお伝えしたとおり「住(不動産)」業界には長期的に携わる予定です。

実は直近、現職に入社前も不動産営業に従事しておりましたが、
扱う物件の幅・お客様への対応など限定的な部分もあり転職活動を行いました。
まず現職では当初立ち上げポジションとしての参画であったことに加え、
組織を拡大することで、他支社への拠点展開や、新規事業部の立ち上げなど、
他の会社ではできない分野へのチャレンジへ会社として積極的な姿勢を持っておりました。
このような環境が自身の中期構想に紐ずき入社を決意しました!

田野さんならではの営業手法を教えてください!

まず、営業としてお客様と接点を持つために当然電話でのアプローチや、
交流会への参加などは他のメンバー同様行っております。
一方で弊社の営業はみんな共通しておりますが、特に私はお客様との直接の打ち合わせを重要としております。
直近不動産見込みにならない、もしくは全く検討していないお客様に対しても、
隔たりなく準備を行い打ち合わせに臨みます。
私が最も重要としていることが「顧客のネットワーク量」です。
入社当初営業成績に悩む時期がありました。電話アプローチ数を増やすこともしましたがが、これまでお話しさせていただけたお客様に紹介をしていただけないかをみなさまと改めてコンタクトを取りました。
その結果、1名資産家オーナー様をご紹介いただき、お打ち合わせのセッティングからスピード成約にいたることとなりました。

今営業の仕組みもプッシュ営業からプル型に変わりつつあると感じております。
今後は既存の手法は継続しつつ、紹介制度を仕組みかさせることや、
SNSなども駆使して成果を残し、社内にナレッジを蓄積していきたいと考えております。

今の仕事について一日の流れを教えてください!

日によって打ち合わせの数・場所が異なるので一概には言えませんが、
基本午前中は社内で商談準備やメールの確認・もしくは電話アプローチを行っております。
午後は打ち合わせを2件―3件ほど行っております。
新規商談のみではなく、既存のお客様とのたわいもない話からお仕事をいただけたり!など充実しております。
帰社後はメンバーへの研修や、ロールプレイングなどを通じて個人のスキル向上や、
組織の活性化のための業務を実施しております!

これからご入社される方に一言お願いします!

まだまだ20代前半の若輩者ですが、同年代でいい意味でライバルとして働ける・悩みを相談できる仲間を求めております!
簡単な仕事ではないのですが、やった分給料のみならず裁量権も増える会社です!
是非チャレンジを共にしていただける方はご応募ください!